どんど晴れ1、柾樹ばかりが褒められて 朝ドラ どんど晴れ

どんど晴れ1、柾樹ばかりが褒められて

柾樹(内田朝陽)が帰って来なかったらおれたちどうなっていたかな。浩司のその言葉が伸一(東幹久)をえらく傷つけてしまいました。

日本人の美しさ、高い香り 女性、工芸品、お祭り 楽しい 節約生活
柾樹はさらなる経営革新について説明しました。今の若いお客を取り込むために、ホームページを刷新しないと。コンテンツの充実が必要です。

久則は、そんなことまであからさまにホームページに記載していいのだろうかと引っ込み思案でした。でも柾樹は言いました、ホームページにはもっと具体的な情報を記載しましょう、料理の内容部屋の間取り。具体的な情報ほどサービスになるんです。他にいろいろ考えている目ことがあります。加賀美屋にとっていい宣伝方法も考えています。

いつもの楽しい夜食。伸一は銀行側がいままでと違って、前向きに検討してくれるといったことを自慢しました。でも、皆は伸一でなくて、柾樹を褒めるのでした。

環(たまき、宮本信子)は、今度の経営改革書はとても良く書けていて、読んだ人は誰もが納得する内容だと言いました。おとうさんの久則は、伸一の今までの計画は実現の可能性が見えなかった。伸一の夢の加賀美屋のミニチュアを作るために、英国のホテル建築会社を使ったりして、大きな経費を使ったが、全て無駄だったと言いました。

弟、智也(神木隆之介)の浩司は、お兄さんのは夢のまた夢、話が大きすぎて、駄目だったんだと言いました。その上、浩司は、柾樹が帰って来なかったら、加賀美屋が大変な危機に陥ってたと言いました。浩司は、柾樹の急激な改革で、前の板長が辞めて、板長になるチャンスを得たのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。