どんど晴れ2、伸一、家族サービスに目覚める 朝ドラ どんど晴れ

どんど晴れ2、伸一、家族サービスに目覚める

皆が本当のことを言うのでしたが、伸一(東幹久)が言い返しても、すぐに叩かれてしまうのでした。そして、経営の話になると、皆は柾樹(内田朝陽)の方を向いてしまうのです。

日本の美しさ、高貴 女、工芸品、お祭り おいしい 楽しい 生活
伸一は、加賀美屋の過半数の株式もっているから、文句を言えないのです。不満をあらわにしてむくれることも出来ないのでした。

夏美(比嘉愛美)は浩司が本当のことを言いすぎるので、話を別のほうに持っていこうと努めました。夏美が言いました、伸一さんが今まで銀行との繋がりを保っていてくれたから、銀行も気持ちよく柾樹さんの話を聞いてくれたのよ。浩司には伸一へのやっかみもありました。同じ兄弟、智也(神木隆之介)なのになのに、兄の伸一はぶんむくれて、結果、カツノ大女将(草笛光子)大女将の株を貰ったのですから。

伸一は部屋に戻り、ブランデーを飲みながら、悔しさを紛らわしていました。妻(伸一の)恵美子は伸一を励ましました。柾樹さんがやれるのは伸一さんがついているから。だから、夏美さんもあなたを立てているのよ。分かっている。柾樹は言い奴だ。

ところでこんど、健太雄太を連れて遊園地に行かないか。いままで仕事ばかりでほったらかしにしてきたから。旅館の仕事は柾樹とおとうさんがいるから、一日抜けても大丈夫だよ。子供たちは喜ぶわ。

こんなとき、オーナー経営者はとんでもない罠にはまりやすいのです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。